Elderly housing

老後を楽しく暮らすなら高齢者住宅がイチオシ|特徴や種類をリサーチ

種類や特徴を理解する

サービスや費用などの違い

介護士と男性

高齢者住宅にはいろいろな種類があり、サービスや費用などに違いがあります。特別養護老人ホームとは違って、要介護でなくても入居ができる特徴は共通しています。また、高齢者住宅は分譲と賃貸にわかれるため、そこから選んでいかなくてはいけません。最近急増している高齢者住宅としては、サービス付きの高齢者住宅があります。これは、設備面では一通り整ってはいますが、介護施設のような完璧な設備というわけではありません。食事面では配膳されるサービスも一部ではありますが、毎月の費用とは別額です。体調面での緊急の場合は、看護師や介護士に早急に連絡できる設備はあります。けれども、施設内に常に看護師や介護士が見回りするようなサービスはありません。費用に関しては食事代込みで月額10〜25万円ほどですが、介護の支援は別に請求されます。高齢者住宅の中にはシニア向け分譲マンションも増えていますが、これは介護に関するサービスはほとんど行われていません。毎日の食事や緊急時のときには対応していますが、それ以外の支援は行われていないのが特徴です。入居時の費用は分譲のためかなり高額で、毎月の管理費や固定資産税などが含まれている場合もあります。サービス付きの高齢者住宅との大きな違いは、要介護の人は入居ができず、介護の支援が必要になったときはそこへ移る必要が出てくることです。このような特徴から、介護に関する支援は老人ホームと比べると完璧ではないところがあります。しかし、特に介護の支援が必要なく、高齢者が安心して生活を送るには適した環境です。

福祉住宅の費用

男性と女性

サービス付き高齢者向け住宅とは、概ね60歳以上の要支援・要介護の認定を受けている方が入居できる高齢者住宅となっています。また、認定非該当の自立の方でも入居できる場所もあるようです。住宅には住宅スタッフが配置されていて、食事の提供や、安否確認、緊急連絡などの対応をしてくれます。介護が必要な方は、住宅内に訪問ヘルパーを呼ぶことが出来たり、デイサービスなどに出向いて食事や入浴、機能訓練やレクレーション等のサービスを受ける事が出来ます。色々な高齢者住宅がある中で、サービス付き高齢者向け住宅は現在どんどん増えているようです。では、入居するにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。都道府県によって金額の差はあるようですが、都心部のサービス付き高齢者向け住宅ですと、1ヶ月で14万から20万くらいが相場のようです。また、入居する前には体験入居などができますので、色々な施設を見て回り、体験を行い、自分に合った高齢者住宅を探すのがよいでしょう。高齢者住宅を体験する際に重要なポイントは、介護スタッフの質を見極めることです。長く入居する可能性が高いので、なるべくスタッフの質がよいところを選びましょう。また、食事が口に合うかどうかも確認しておきたい部分です。高齢者住宅の中には、食事にこだわっているところもあるようです。また、ご夫婦で入居を希望している方なども最近では多くなっているようですので、2人部屋の住宅があるか等も、事前に連絡を入れて聞いておくと良いかもしれません。

元気な高齢者が暮らす施設

室内

高齢になって一人暮らしが寂しくなったり、高齢の親が一人で暮らしていて心配という人も多いでしょう。また、高齢になり足腰が弱くなったのでバリアフリーの家で暮らしたいという人も中には沢山います。そのような方たちに最適なのが、高齢者住宅です。高齢者が生活する施設というと老人ホームのイメージがありますが、高齢者住宅は健康で元気な高齢者が生活する施設のことを言います。高齢者住宅と老人ホームの大きな違いは全て自分達でやることです。高齢者住宅の中には24時間ヘルパーがいるところもありますが、掃除や料理といったことは全て自分達でやります。しかし、ヘルパーがいるため何かあったときは安心ですし、建物はバリアフリーなので日常生活がしやすいようになっています。また、高齢者の住居は築年数が古く耐震性に不安がある方が多いです。しかし高齢者住宅は鉄筋で耐震性がしっかりしていて、築年数も新たしいところも多いので、地震が起きても安心です。また他の入居者もいるので、何かあったときは助け合うこともできます。それに高齢者住宅ではイベント等も行っているので、住人同士で話をしたり友達になることもできますよ。核家族が多い現代だからこそ、同じ高齢者同士が暮らし、イベント等を楽しめる高齢者住宅が適しています。老人ホームと違い、好きに外出することもできるので、窮屈感や寂しさを感じないのも高齢者住宅と魅力でしょう。楽しく豊かな老後にしたい方は高齢者住宅に住んでみるのも良いかもしれません。